・・・終了しました・・・

9月 「からだの音を聴く/Body Session」

 

 

 

講師|野村香子(Monochrome Circus)

 

日時|919日(金)18:30-20:30 / 

20日(土)& 21日(日)10:30-12:30 , 13:30-15:30

 

*21日(日)はshowingあり

 

全5コマ

 

会場| 東山いきいき市民活動センター(19、20日@多目的ホール、21日集会室)

 

>>>アクセスMAP>>>

 

料金|通し(5コマ)9,000円、1コマ2,000円(19日のみ)

 

 

内容|

 身体がもつミュージカリティ(音楽性)に焦点をあてたワークショップです。

ストリートダンスの基礎からスタートし音楽に合わせて身体の各部位をバラバラに使うエクササイズを行います。そして簡単なルーティーン(振付)にも挑戦し、リズミカルに、時に流動的に、動きの質感のバリエーションで遊んでみましょう。

 さらに、質感をコントロールしながら全身を一つの音楽のように統合して体現するためのワークも行います。また、野村の「引き出し」からムーブメントの発生の助けとなるヒントを紹介します。音、空間、他者に揺さぶられ反応する敏感でスリリングな身体の状態を探ってみます。

 そして、グループに分かれて即興のセッションを繰り返しながら、他者/音との距離感/空間と音/空間と身体の関係性などを互いに分析する作業も行い、「見られる」ことを前提としたアンサンブルを作りあげてみましょう!

 

 

持ち物|室内シューズ

 

 

プロフィール|

 Monochrome Circusダンサー。学生時代より、ストリート、モダン、ジャズなど様々なダンスを学ぶ。Monochrome Circus所属以降、「掌編ダンス集」『TROPE』『Surprised Body Project KYOTO』のレパートリーから、また「SI Dance Festival」(韓国)、「Full Moon Dance Festival」(フィンランド)などの海外のフェスティバルへの参加など、国内外問わず多くの舞台に立ち経験を積む。’12年より個人での活動も開始。楽曲制作、振付、出演を自ら行うソロ『Species』や、シンガーソングライター・深水郁との『人魚プロジェクト』では地域を超えて活動継続中。他、ミュージカルの振付、ワークショップや社員研修での指導経験も多数。来年1月『HAIGAFURU/Ash is falling』(演出・振付:坂本公成)に出演予定。

URL

Monochrome Circus http://www.monochromecircus.com

 

 

>>>お申し込み>>>